活動の様子



HOMEに戻る

 生坂小学校と穂高西小学校でセーフティーリーダー委嘱式を行いました

 4月20日に生坂村立生坂小学校、23日には安曇野市立穂高西小学校で、「わが家のセーフティーリーダー」の委嘱式を行いました。
 
 「セーフティーリーダー」とは、「安全で住みよい街」をつくるために、自分たちのできる事を自分たちで考え、学校内や地域・家庭での安全のお手本となるようにと、平成13年より管内の小学6年生に安曇野警察署長と安曇野防犯協会連合会長が連名で委嘱しているものです。

 「安全で住みよい街」を作るためにどんなことができるのか、自分たちで考えていいと思ったことはどんどん実行してほしいと思います。みなさんがどんな活動をするのか楽しみにしています。頑張って下さい。
 

生坂小学校の委嘱式の様子 

穂高西小学校の委嘱式の様子
 

 
   
 

 
   
 
ページトップへ戻る



少年警察ボランティア協会委嘱式・研修会が行われました 

 4月20日、安曇野少年警察ボランティア協会委嘱式が行われました。

 「少年警察ボランティア協会」とは、長野県警察本部長の委嘱を受けた少年警察補導員の皆さんが、少年の非行防止や健全育成のため活動しているボランティア団体です。安曇野警察署管内では10ブロック42名の少年警察補導員の皆さんが、警察や学校の先生、PTAといった方々と連携をとりながら、街頭補導活動・少年相談活動・有害環境浄化活動等、少年の居場所づくりを始めとする立ち直り支援活動など各方面で力を発揮しています。

 



 
   
 
ページトップへ戻る



 イオン豊科店で防犯女性部の皆さんが特殊詐欺被害防止啓発活動を行いました

 年金支給日の4月13日、防犯女性部の皆さんがイオン豊科店において「特殊詐欺被害防止啓発活動」を行いました。訪れた買い物客に「特殊詐欺に気をつけて下さいね。」と声をかけながら、チラシとマスクを配布しました。

 長野県内では、特殊詐欺の被害が後を絶ちません。「自分はだまされない!」と思っていても、悪質・巧妙な手口に進化しており、「犯罪になる」「被害を取り戻す」「身内の事件」などといわれると、動揺し隙をつかれてしまいます。

 普段から、「自分にも電話が来るかもしれない」と意識し、家族やご近所、勤務先などで「特殊詐欺」について話題にするなどして関心を持ち、被害に遭わないよう気をつけましょう。

 



 
   
 
ページトップへ戻る



 自転車の盗難被害防止活動を行いました

 4月5日、穂高駅の駐輪場において、自転車の補助錠を配布しながら自転車の盗難被害啓発活動を行いました。

 自転車の盗難を防ぐためには、確実に施錠することと、ふたつめのの鍵、補助錠をつけることです。時間がなかったり面倒くさかったりするかもしれませんが、大切な自転車は自分でしっかりと守りましょう。

 また、万が一の盗難に備え、防犯登録をしましょう。



 
ページトップへ戻る



少年警察補導員の皆さんが入学式啓発活動を行いました

 4月5日、生坂村立生坂小学校と安曇野市立穂高西小学校において、安曇野少年警察ボランティア協会の少年警察補導員の皆さんが安曇野警察署の警察官とともに、新1年生の児童と保護者に対して、犯罪被害防止啓発活動をしました。

 児童には、「イカのおすし」と書かれたクリアファイルとチラシ、保護者には「児童の安全を守るために」という内容のチラシを一人ひとりに声をかけながら配布しました。
 

 生坂小学校での啓発の様子
 

 
 
 
穂高西小学校での啓発活動の様子  
 

 
   
 

 
   

ページトップへ戻る