活動の様子




 「新型コロナウィルス」に関連する特殊詐欺被害防止活動を行いました

 「新型コロナウィルス」に関連する特殊詐欺被害防止のため、4月28日、デリシア豊科店と綿半豊科店、5月8日、デリシアはちが店とビッグ三郷店、5月14日、イオン豊科店とアヤメシティーにおいて啓発活動を行いました。 

 前回の啓発は、「新型コロナウィルス」感染拡大のリスクを避けるため、チラシ等の手渡しはせず、のぼり旗とパネルを掲出して行いました。今回は、もっと詐欺被害の詳細を皆様に知っていただきたいと、3種類のチラシと「花の種」を用意して、ご自身で取っていただく方法で啓発活動を行いました。「花の種」の効果もあってか、多くの皆様にチラシを手に取っていただくことができました。

 「新型コロナウィルス」に便乗した悪質商法や詐欺の前兆電話も確認されています。一人で対応せず、家族や周囲の人に相談しましょう。おかしいなと思ったら安曇野警察署(рO263−72−0110)に相談してください。





 
   
 
 
   
  
ページトップへ戻る



デリシア穂高店とザ・ビッグ穂高店において特殊詐欺被害防止啓発活動を行いました 

 4月24日、デリシア穂高店とザ・ビッグ穂高店において特殊詐欺被害防止啓発活動を行いました。

 今回の啓発も前回と同様、「新型コロナウィルス」感染拡大のリスクを避けるため、ボランティアさんとの合同啓発やチラシ等の配布はせず、のぼり旗やパネルを掲出して行いました。

 外出自粛で家にいる時間が長くなり、特殊詐欺の電話を受けやすくなったり、また、「新型コロナウィルス」に便乗した悪質商法や詐欺の前兆電話も確認されていますので、被害にあわないようお気をつけください。

 


 
   
 
ページトップへ戻る



ベイシアあづみの堀金店で啓発活動を行いました 

 年金支給日の4月15日、ベイシアあづみの堀金店において特殊詐欺被害防止・交通事故防止の啓発活動を行いました。 
 
 通常は、安曇野セーフティーサポートチーム(ASST)、防犯女性部の皆さんと、チラシ等を配布しながら啓発活動を行っていますが、「新型コロナウィルス」感染拡大のリスクを避けるため、安曇野警察署員、安曇野交通安全協会安曇野支部職員、安曇野防犯協会職員がのぼり旗やパネルで被害防止をアピールしました。
 
 チラシ等を配布しない方法で皆さんに被害防止をアピールできないか考え、警察本部で作成したチラシと安曇野防犯協会で作成した防犯速報を大きく引き延ばしてパネルを作製しました。「特殊詐欺の被害にお気をつけください。」とお声掛けすると、パネルを見て「気をつけますね。」「ご苦労様です。」と、皆様に言っていただくことが多くありました。

 「新型コロナウィルス」による影響で活動が制限されていますが、地域の皆様が特殊詐欺被害や交通事故にあわないように活動していきますのでよろしくお願いします。


 
 

 
   

 

 
 
ページトップへ戻る



駐輪場で啓発活動を行いました

 4月8日、南豊科駅駐輪場と豊科駅駐輪場において、自転車の盗難被害防止・交通事故防止啓発活動を行いました。

 安曇野警察署員、スクールサポーター、安曇野交通安全協会安曇野支部職員、安曇野防犯協会連合会職員が、「自転車の盗難防止のために」「自転車の事故防止のために」と書かれた荷札と、交通安全協会安曇野支部より提供いただいたキーホルダーを自転車1台1台に取り付けました。

 令和元年中の安曇野警察署管内の「自転車盗」は33件で、そのうちの約70%にあたる23台は、施錠がしてありませんでした。自転車の盗難被害に遭わないために、確実な施錠とツーロックをしましょう。

 

 
 

 
 

 
   

ページトップへ戻る