活動の様子





 年金支給日に特殊詐欺被害防止啓発活動を行いました

 年金支給日の8月13日、安曇野警察署員、安曇野市職員、安曇野交通安全協会安曇野支部職員、防犯協会職員が、八十二銀行三郷支店、長野銀行三郷支店、三郷郵便局で特殊詐欺被害防止啓発活動を行いました。

 訪れた利用客に、「特殊詐欺と交通事故に気をつけてください。」と声をかけながら、チラシとマスク、マスクケース等を配布しました。

  
 
   
 
 
   
 
 
   
  
ページトップへ戻る



 特殊詐欺被害防止啓発活動を行いました
 
 7月29日、安曇野セーフティーサポートチーム(ASST)の明科・筑北・堀金隊員、安曇野警察署員、防犯協会職員が「ファーマーズガーデン明科」「ウェルシア筑北聖南店」「道の駅 アルプス安曇野ほりがねの里」において特殊詐欺被害防止啓発活動を行いました。

 訪れた買い物客に、「特殊詐欺に気をつけてください。」と声をかけながら,チラシとマスクを配布しました。


「ファーマーズガーデン明科」での啓発活動の様子  
 
 
 「ウェルシア筑北聖南店」での啓発活動の様子 
 

「道の駅 アルプス安曇野ほりがねの里」での啓発活動の様子  
 
 
   
  
ページトップへ戻る



「交通事故防止」「特殊詐欺被害防止」合同啓発活動を行いました 

 「夏の交通安全運動」に合わせ、安曇野警察署員、安曇野市職員、安曇野交通安全協会員、安曇野支部職員、防犯協会職員が合同で、交通事故・特殊詐欺被害防止啓発活動を行いました。

 訪れた買い物客らに、「交通事故と特殊詐欺にお気をつけください。」と声をかけながら、チラシと夜光反射材、ティッシュ等を配布しました。


 7月20日「明科高校」での啓発活動の様子  
 

7月26日「三郷郵便局」での啓発活動の様子   
 
 
7月27日「綿半スーパーセンター豊科店」での啓発活動の様子  
 

7月28日「HAMAフラワーパーク安曇野」での啓発活動の様子  
 

7月30日「西友豊科店」での啓発活動の様子   
 

 
   
  
ページトップへ戻る



豊科東小学校で「地域安全マップづくり教室」を行いました 

 7月13日、安曇野少年警察ボランティア協会豊科ブロック員、安曇野警察署員、スクールサポーター、防犯協会職員が、安曇野市立豊科東小学校において「地域安全マップづくり教室」を行いました。

 「地域安全マップ」とは、子供達が危ない場所を点検し、犯罪の起こりやすい場所を地図に書き込んだものです。この「地域安全マップ」は、犯罪発生の場所を記入した発生マップや危険箇所マップとは大きく異なり、マップづくりを通して危険予測のキーワードを覚えることにより、どこに行っても犯罪にあわないように自分自身で危険な場所(犯罪が起こりやすい場所)が発見できるようになります。

 安曇野警察署と防犯協会では、セーフティーリーダーを委嘱した小学校で「地域安全マップづくり教室」を開催しており、今年で14年目になります。

 安曇野警察署生活安全課の警察官が事前学習を行い、その後、安曇野少年ボランティア協会員と共に実際に学校付近を歩きながら、「入りやすい」「見えにくい」をキーワードに、危険な場所や安全な場所を探し地図を作製しました。

 出来上がったマップの発表では、「普段、安全だと思っていた場所が、危険な場所だとわかりびっくりした。」「これからは、危険な場所は気をつけて通りたい。」といった感想が聞かれました。


 
   
 

 
   
 

 
   
 

 
   
 

   
  
ページトップへ戻る



生坂村と筑北村で特殊詐欺被害防止啓発活動を行いました 

 6月23日、安曇野警察署員と防犯協会職員が、生坂村の「道の駅 いくさかの郷」、筑北村の「道の駅 さかきた」において特殊詐欺被害防止啓発活動を行いました。

 訪れた買い物客らに「特殊詐欺に気をつけてください。」と声をかけながら,チラシとマスクを配布しました。


生坂村 道の駅いくさかの郷での啓発活動の様子 
 

筑北村 道の駅さかきたでの啓発活動の様子   
 

 
   
   
ページトップへ戻る



 八十二銀行豊科支店、長野銀行豊科支店、豊科郵便局で特殊詐欺被害防止啓発活動を行いました

 年金支給日の6月15日、八十二銀行豊科支店、長野銀行豊科支店 豊科郵便局において、安曇野セーフティーサポートチーム(ASST)豊科隊員、安曇野警察署員、安曇野市職員、防犯協会職員が合同で、特殊詐欺被害防止啓発活動を行いました。 「特殊詐欺と交通安全に気をつけて下さいね。」と声をかけながら、チラシとマスク等を配布しました。

 県下において、特殊詐欺の被害が多発していることから、6月11日、安田浩己長野県警察本部長から「特殊詐欺被害多発に伴う緊急メッセージ」が発信されました。
 1 犯人からの電話を受けない
 2 キャッシュカードを渡さない
 3 電子マネーでの料金請求は詐欺を疑う
 一人一人が心掛けて、被害にあわないようにお気をつけください。

 

 
 

 
 

 
   
  
ページトップへ戻る



 ザ・ビッグ穂高店で特殊詐欺被害防止啓発活動を行いました

 6月10日、ザ・ビッグ穂高店において、特殊詐欺被害防止啓発活動を行いました。訪れた買い物客に「特殊詐欺と交通安全に気をつけて下さい。」と声をかけながら、チラシとマスク等を配布しました。

 長野県内では、特殊詐欺の被害が後を絶ちません。「自分はだまされない!」と思っていても、悪質・巧妙な手口に進化しており、「犯罪になる」「裁判になる」「身内の事件」などといわれると、動揺し隙をつかれてしまいます。

 普段から、「自分にも電話やメールが来るかもしれない」と意識し、家族やご近所、勤務先などで「特殊詐欺」について話題にするなどして関心を持ち、被害に遭わないよう気をつけましょう。


 
 

 
 

 
   
  
ページトップへ戻る



南安曇農業高校生と豊科駅で植栽活動を行いました
 
 5月20日、南安曇農業高校の生徒の皆さんと安曇野少年警察ボランティア協会の少年警察補導員の皆さんが、豊科駅で植裁活動を行いました。

 安曇野少年警察ボランティア協会では、例年、「地域ふれあい活動」の一環として植栽活動を行っています。これは、子供たちと地域の大人達が共同で作業したり、世代を超えた交流を図るために計画・活動しているもので、今年で14年目になります。

 今回は、夏の花壇をテーマに、ベゴニア・マリーゴールド・サルビア・日々草の苗を植えました。年間を通して季節の花が咲いている花壇にしていきたいと思っていますので、豊科駅を訪れた際は、少し足を止めて花壇を見ていただければうれしく思います。


 
 

 
 

 
   
 

 
   
 
ページトップへ戻る



イオン豊科店で特殊詐欺被害防止啓発活動を行いました 

 5月19日、イオン豊科店において、安曇野セーフティーサポートチーム(ASST)隊員、安曇野警察署の警察官、安曇野交通安全協会安曇野支部職員、安曇野防犯協会職員が合同で、特殊詐欺被害防止啓発活動を行いました。訪れた買い物客に「特殊詐欺と交通安全に気をつけて下さいね。」と声をかけながら、チラシとマスク等を配布しました。

 長野県内では、特殊詐欺の被害が後を絶ちません。「自分はだまされない!」と思っていても、悪質・巧妙な手口に進化しており、「犯罪になる」「裁判になる」「身内の事件」などといわれると、動揺し隙をつかれてしまいます。

 普段から、「自分にも電話やメールが来るかもしれない」と意識し、家族やご近所、勤務先などで「特殊詐欺」について話題にするなどして関心を持ち、被害に遭わないよう気をつけましょう。


 
 

 
 

 
   
 
ページトップへ戻る



 ローソン安曇野三郷店において還付金詐欺被害防止訓練を行いました

 県内において還付金詐欺の前兆電話が多発していることから、
4月23日、ローソン安曇野三郷店において、「還付金詐欺被害防止対応訓練」を行いました。

 訓練は、介護保険料の払い戻しがあると連絡を受けた高齢女性が、コンビニエンスストアのATMを操作するという想定で行われました。操作方法を尋ねられた店員が詐欺と見破り、女性は被害に遭わずにすみました。

 還付金の名目でATMを操作させるのは、全て詐欺です。ATMを操作してお金が返ってくることは、絶対にありません。このような電話があったら、すぐに安曇野警察署までご連絡をお願いします。



 
 

 
 

 
   
  
ページトップへ戻る



年金支給日に特殊詐欺被害防止啓発活動を行いました 

 年金支給日の4月15日、安曇野警察署の警察官と安曇野交通安全協会安曇野支部職員、安曇野防犯協会職員が合同で八十二銀行豊科支店と豊科郵便局、ビッグ三郷店において、特殊詐欺被害防止啓発活動を行いました。訪れた買い物客に「特殊詐欺と交通安全に気をつけて下さいね。」と声をかけながら、チラシ等を配布しました。

 長野県内では、特殊詐欺の被害が後を絶ちません。「自分はだまされない!」と思っていても、悪質・巧妙な手口に進化しており、「犯罪になる」「被害を取り戻す」「身内の事件」などといわれると、動揺し隙をつかれてしまいます。

 普段から、「自分にも電話やメールが来るかもしれない」と意識し、家族やご近所、勤務先などで「特殊詐欺」について話題にするなどして関心を持ち、被害に遭わないよう気をつけましょう。


 
 八十二銀行の様子
 

 
 豊科郵便局の様子
 

 
   
ビッグ三郷店の様子 
 

 
   
  
ページトップへ戻る



 豊科東小学校と穂高北小学校でセーフティーリーダー委嘱式を行いました
 
 4月13日に豊科東小学校、14日に穂高北小学校で、「わが家のセーフティーリーダー」の委嘱式を行いました。
 
 「セーフティーリーダー」とは、「安全で住みよい街」をつくるために、自分たちのできる事を自分たちで考え、学校内や地域・家庭での安全のお手本となるようにと、平成13年より管内の小学6年生に安曇野警察署長と安曇野防犯協会連合会長が連名で委嘱しているものです。

 「安全で住みよい街」を作るためにどんなことができるのか、自分たちで考えていいと思ったことはどんどん実行してほしいと思います。みなさんがどんな活動をするのか楽しみにしています。頑張って下さい。


 
豊科東小学校の様子 
 

 
 穂高北小学校の様子
 

 
   
  
ページトップへ戻る



自転車の盗難被害防止・事故防止啓発活動を行いました 
 
 4月9日に穂高商業高校、4月13日に豊科高校において、自転車の盗難被害・事故防止啓発活動を行いました。

 自転車の盗難を防ぐためには、確実に施錠することと、ふたつめのの鍵、補助錠をつけることです。時間がなかったり面倒くさかったりするかもしれませんが、大切な自転車は自分でしっかりと守りましょう。

 また、万が一の盗難に備え、防犯登録をしましょう。


 
 穂高商業高校の様子
 

 
 豊科高校の様子
 

 
   
 
ページトップへ戻る




豊科東小学校と穂高北小学校で入学式啓発活動を行いました

 4月6日、安曇野市立豊科東北小学校と安曇野市立穂高北小学校において、安曇野少年警察ボランティア協会の少年警察補導員の皆さんが安曇野警察署の警察官とともに、新1年生の児童と保護者に対して、犯罪被害防止啓発活動をしました。

 「知らない人について行かないようにしてね。」「明るいうちに早く帰ろうね。」と声をかけながら,防犯標語「イカのおすし」のチラシとお箸を配布しました。


 
豊科東小学校の様子  
 

 
穂高北小学校の様子 
 

 
   

ページトップへ戻る