「防犯ブザー」の使い方について



HOMEに戻る

防犯豆知識に戻る


   「防犯ブザー」は、もしもの時、大声を出せない場合それに代わって危険を周囲に知らせてくれる大切なものです。持っていれば安心というお守りではありませんので、いざという時に使えなくては何の意味もありません。

 持っていたのに「防犯ブザー」に手が届かなくて使えなかった、引っ張ったのに鳴らなかったということほど残念なことはありません。

 以下のことをご家庭でお子さんと一緒に考えてみてください。



 「防犯ブザー」は命を守ってくれるとても大切な道具

いたずらに鳴らしてはいけないことを、保護者の方がしっかり教えて下さい。
(オオカミ少年にならないように・・・)

 防犯ブザー」はランドセルの一部ではありません。学校の登下校の時だけ持っていればいいのではなく、遊びに出かける時や習い事に行く時など、ひとりになる時には必ず持たせて下さい。

 もし、いちいちランドセルからはずすのが面倒であれば、決して高価なものではないのでご家庭でもう一つ用意して下さい。

 よく、保護者の方から「人通りが少なくて「防犯ブザー」を鳴らしても、助けに来てくれる人などいないので、持たせていても意味がない。」というご意見を聞きますが、それは間違いです。確かに、すぐに人が駆けつけてはくれないかもしれませんが、悪いことをしようとする人が一番嫌うのは、大きな音と光です。

 大きな音を出したり、光を照らすことによって、犯行をあきらめて逃走したり、逃走まではしなくともわずかな隙ができて逃げるチャンスができたりします。



 取り付ける位置

 右手でも、左手でも引っ張れる所 = 体の中心が引きやすい           
 (カバンの中や、カバンの横ではいざという時引っ張れない)

 子どもの身長に合わせた、丁度良いひもの長さ
 (短くても、長すぎてもだめ。時々見直す)

 ピンについているひも(チェーン)の長さ
 (短すぎると、いざという時すぐに引けない)

 「防犯ブザー取り付け補助具」に防犯ブザーをつけました。ピンの位置が低すぎる上、ブザーがぶらぶらしてしまいます。
 「防犯ブザー取り付け補助具」にひもの長さを調節した防犯ブザーを取り付けました。引っ張るのに丁度いい長さですね。
 防犯ブザーを直接ランドセルに取り付け、マジックテープで肩ひもに固定しました。こちらも丁度いい長さですね。
 長さは丁度いいですが、ピンが小さくて引きにくいですね。握ったときに手からはみ出るくらいのひもに取り替えたらどうでしょうか。

お子さんが一番使いやすいように工夫してみましょう。

 「防犯ブザー」を取り付ける場合は、必ずフックをランドセル等に固定するようにして下さい。
 ピンについているひも(チェーン)を固定すると、ブザーの重みでピンが抜けやすくなりますので注意して下さい。



 「防犯ブザー」を鳴らす心構え

 とっさに「防犯ブザー」のひもを持って引っ張って鳴らすことは難しいですね。そこで、
  ・ 人通りの少ない道を歩く
  ・ 見通しの悪い道を歩く
  ・ 後ろから人が歩いてくる
  ・ 人が近づいて来て、話しかけられた    など

 
「ちょっと嫌だな。」と感じるときには、あらかじめ「防犯ブザー」のひもを持ち、「防犯ブザー」を鳴らす準備と心構えをする事が大切です。

 
しかし、いくら「防犯ブザー」を適切に持っていても
  ・ 下を向いて歩いている
  ・ 携帯電話で話したり、メールを打ちながら歩いている
  ・ 音楽を聴きながら歩いている
  ・ 本を読みながら歩いている    など
 注意力が散漫では、迫ってくる危険に気づかなかったり、気づくのに時間がかかり「防犯ブザー」を鳴らすことなどできません。

 
歩く時には、周りに気を配りながら注意して歩くことが、交通事故防止・不審者対応にも大切なことになります。



 故障・電池切れの確認を

 故障や電池切れの確認をしましょう
    「防犯ブザー」も機械です。誤作動・電池切れ・水濡れ・ショックに弱い等、短所もありますので定期的に点検しましょう。

 予備の電池を用意しておきましょう
 電池も消耗しますので、予備の電池を用意しておくようにしましょう。



HOMEに戻る防犯豆知識に戻る