ドロボウの被害に遭わないために



HOMEに戻る

防犯豆知識に戻る


 


〜 ドロボウが嫌がる家にしましょう 窓編 〜


 
家人の留守中や寝静まった頃、家の中に侵入し現金や品物を盗むドロボウ・・・。見つかると強盗に早変わりしたり、時には女性が乱暴されることさえもあります。
 
 これらの犯罪は、ドアや窓に対する防犯対策と普段からの心がけで防げるものです。自分だけは大丈夫と過信せず、「自分の家は自分で守る」という強い意志を持ち身の回りを点検してみましょう。


補助錠を設置しましょう

 ドロボウはクレセント付近のガラスを割って、クレセント錠を解錠し侵入します。鍵付きクレセントに取り替え、補助錠を取り付けましょう。

 補助錠の取り付け位置は、クレセントとできるだけ離した場所が効果的です。






ガラスを強化しましょう

 窓ガラスを「防犯合わせガラス」に交換すると、ガラスを破壊するのに時間がかかり、ガラス破りによる侵入が難しくなります。
 
 ※「防犯合わせガラス」とは、2枚以上のガラスに樹脂中間膜を挟んだガラスをいいます。
 
 「防犯合わせガラス」より防犯性能は劣りますが、防犯フィルムを窓ガラスに貼り付け補強する方法もあります。


面格子を過信してはいけません

 面格子を取り付けることも有効ですが、面格子があるからといって安心して、無締まりにしていては危険です。破壊されたり取り外されたりして侵入される可能性もあるからです。
 
 
面格子は、破壊に耐える強度のあるものを取り付け、また外部に見える取り付けねじは、ねじ山をつぶす等回らない処置をしましょう。








〜 ドロボウが嫌がる家にしましょう 玄関ドア編 〜

 
 ピッキング・サムターン回し・カム送りと新手の手口で侵入してくる犯罪者がいます。「ピッキング」「サムターン回し」について掲載します。

ピッキングとは?


 特殊な工具を鍵穴に入れ、錠シリンダー部分を操作し、不正に解錠する手口を「ピッキング」といいます。
 
 この手口に対応した錠でなければ、1分もかからず室内に侵入されてしまいます。
                                 

ピッキング対策には?


  ピッキングされにくい錠が各メーカから販売されていますので、防犯性能
  の高い錠に交換しましょう。

  ふたつ目のカギ(補助錠)を取り付けましょう。

  ドアが開くと大きな音が出る「防犯ブザー」などの防犯器具を利用しまし
  ょう。

ピッキングとは?


 ドアの隙間や、ドアに穴を開けて用具を差し入れ、サムターンを回し解錠する手口を「サムターン回し」といいます。



サムターン
ピッキング対策には?


  サムターン回しを防ぐ新しい錠が販売されていますので、防犯性能の高い錠に
  交換しましょう。

  サムターンカバーをつけて、サムターンを回せないようにしましょう。サムタ
  ーンカバーはホームセンターなどで販売されています。

  ふたつ目のカギ(補助錠)を取り付けたり、「防犯ブザー」などの防犯器具を
  利用しましょう。


ご存じですか?

 「防犯性能の高い建物部品の開発・普及に関する官民合同会議」がドアや窓、シャッターなど、防犯性能の高い建物部品を選定し公表しています。
 
 詳しくは、(財)全国防犯協会連合会ホームページ
 (http://cp-bohan.jp/)をご覧下さい。






HOMEに戻る防犯豆知識に戻る