特殊詐欺の被害に遭わないために



HOMEに戻る


防犯豆知識に戻る


 「特殊詐欺」とは

 
「特殊詐欺」とは、オレオレ詐欺や架空請求詐欺、融資保証金詐欺、還付金詐欺などのいわゆる「振り込め詐欺」と、振り込め詐欺の犯行によく似た手口で、未公開株売買などの名目で現金をだまし取るいわゆる「振り込め類似詐欺」の2つを総称したものです。


 
 

 
「特殊詐欺」というと、お年寄りが被害に遭うイメージがありますが、被害に遭われているのは決してお年寄りばかりではありません。自分だけは大丈夫などと過信せず、自分にも詐欺の犯人から電話が架かってくるかもしれないという警戒心を常に持つようにしましょう。

 「すぐに振り込んで!」「エクスパックで現金を送れ!」と指示されても、絶対に振り込んだり送金したりしないようにしましょう。最近では、「取りに行く!」「持ってきて!」といった手口も確認されており、手口は年々複雑巧妙化してきています。

 一人でも多くの方が被害に遭わないよう、家族やご近所、勤務先などで「特殊詐欺」の話題を取り上げるなど、地域の皆さん全員で普段からいざという場合に備えましょう。
 


(下記のチラシを参考にしていただき、被害に遭わないようにしましょう) 
     
特殊詐欺 手口を知って だまされない(手口版) 
特殊詐欺 こうしておけば だまされない(対処版) 
  特殊詐欺の被害に遭わないために 電話対策をしましょう
  大事な家族のために もう一度 確認しましょう 
   


振り込め詐欺撲滅ホットライン


026−235−2530
                  (フリコメゼロ)

 


 
平成27年中の特殊詐欺認知状況

 平成27年中の県内における特殊詐欺の認知件数は297件、被害総額が約8億500万円と、昨年に比べ認知件数は107件増加し、被害額は約2億2千万円減少しました。


平成27年中  平成26年中 
認知
件数
被害額 
認知
件数
被害額 
特殊詐欺合計 297  805,615,311  190 1,029,809,338 
 オレオレ詐欺  119  284,572,000  50 228,895,896 
 架空請求詐欺
 (支払え詐欺)
97  362,162,634 57 316,349,224 
 融資保証金詐欺
 (貸します詐欺)
12   17,469,445 5 3,940,362 
 還付金詐欺
 (返します詐欺) 
45  49,144,152 11 7,866,806 
 金融商品等取引名目の詐欺
 (もうかります詐欺) 
15  72,926,000 34 314,402,000 
 ギャンブル必勝法情報提供名目の詐欺
 (もうかります詐欺) 
14,201,080 14 48,534,050 
 異性との交際あっせん名目の詐欺
 (紹介します詐欺) 
 0 4 36,521,000 
 その他   5,140,000 15 73,280,000 
 
「オレオレ詐欺」
 
 電話を利用して、家族、警察官、弁護士等を装い、交通事故の示談金、借金返済等の名目で、現金を預金口座等に振り込ませる手口です。

 妊娠・中絶・痴漢・わいせつ事件、横領等を口実にし、他人に相談しにくい状況にした手口も増加しています。

 最近では、「おれ、おれだよ。」だけではなく、家族の名前、勤務先などといった個人情報を、何らかの方法で入手した上で犯行に及んでいるケースもみられます。

「架空請求詐欺(支払え詐欺)」

 身に覚えのない料金請求のことで、郵送、インターネット等を利用して不特定多数の者に対し、架空の事実を口実とした料金の請求や、偽の裁判通知などの文書・メールなどを送付するなどして、現金を預金口座等に振り込ませたり、宅配便や郵送などで送金させるなどの方法によりだまし取る手口です。
 
「融資保証金詐欺(貸します詐欺)」 

 
実際には融資しないにも関わらず、DMやメールで融資の勧誘を行い、融資を申し込んできた者に対し、「あなたは借入金多数として登録されており、融資することができません。ただし、保証協会費を納めれば再び融資ができます。」などと保証金等の名目で現金を預金口座等に振り込ませる手口です。

 最近では、口座への振り込みだけでなく、宅配業者や書留、小包、エクスパック等を利用させる場合もあります。

 
「還付金詐欺(返します詐欺)」 

 
税務署や社会保険事務所等をかたり、税金の官費等に必要な手続きを装って被害者にATMを操作させ、口座間送金により現金をだまし取る手口です。

 コンビニエンスストアやスーパーマーケットなど、銀行ではない場所に設置してあるATMを指定したり、「本人確認が必要なので、まず、現金を振り込んで下さい。」といった手口も発生しています。

「金融商品等取引名目の詐欺(もうかります詐欺)」 

 
社債や未公開株、架空の有価証券、外国通貨などの購入をダイレクトメール等であっせんし、その後、別の犯人が「必ずもうかる」「3倍で買い取る」「あなたしか買えない」などと言って購入するよう勧めてだまし、現金を振り込ませたり、現金を受け取りに来る手口です。

 この手口は「劇場型」と呼ばれ、複数の会社や人物が登場し、被害者をだまします。また、だましのネタは社債や未公開株等の有価証券に限らず、外国通貨、鉱物の採掘権などの権利関係のものや、パソコンソフト、仏像、金、ダイヤモンド等の物品、会員権、社員権であることもあります。

 
「ギャンブル必勝法情報提供名目の詐欺(もうかります詐欺)」 

 
雑誌の広告やメールなどで、「パチンコ打ち子募集」「サクラのバイト」などと勧誘し、登録料や保証料の名目で現金を振り込ませたり、「パチンコ攻略法」や数字選択式宝くじの「当たり番号情報」、「競馬必勝情報」などで虚偽の情報を提供し、これを名目に現金を振り込ませる手口です。

 
「異性との交際あっせん名目の詐欺(紹介します詐欺)」 

 
雑誌やメール、サイト上で「女性紹介」などと掲載し、これに申し込んだ人に対して、虚偽の異性の情報を提供した後、会員登録料や保証金等の名目で現金を振り込ませたり、異性になりすまして現金を要求したり、サイト上で高額なポイント等を購入させ現金をだまし取る手口です。

 
「その他」 

 
上記以外の特殊詐欺の手口です。





 

「レターパックで現金を送って」は詐欺です!

 「特殊詐欺」の送金手段として、郵便局の「レターパック」や小包を指定する手口が増加しています。

「レターパック」は、とても便利な郵送手段ですが、現金を送付することはできません。「レターパック」を指定した送金依頼は、「特殊詐欺」の可能性がありますので、私書箱宛や身に覚えのない宛先への送金は絶対にやめましょう。


 
「レターパック」とは・・・?

 「レターパックプラス」と「レターパックライト」の2種類があり、専用封筒(320o×248o)に入る大きさで、重さ4sまでなら、全国どこへでも「レターパックプラス」は500円、「レターパックライト」は350円で送ることができる郵便局のサービスです。

 ただし、現金や貴金属等の貴重品を送ることは禁止されています。




 

「カード預かります」という電話は詐欺です!

 最近の特殊詐欺の手口として、銀行協会職員、銀行員、警察官などになりすまし、口座番号や暗証番号を聞き出し、キャッシュカードをだまし取り、預金を不正に引き出す事件が多発しています。
 
 銀行協会職員などが暗証番号を聞き出したり、カードを預かるようなことは一切ありませんので、暗証番号を教えたりキャッシュカード渡すようなことは絶対にやめましょう。

 ○○警察です。 あなたの口座から現金が引き出されています。 安全のためキャッシュカードを変更した方が いいですよ。訪問する者に暗証番号を教え キャッシュカードを渡して下さい。


 



 



HOMEに戻る防犯豆知識に戻る