防犯速報!


HOMEに戻る

防犯速報に戻る


インターネットバンキング利用者を狙った
新たなフィッシング手口の発生について





 
金融機関の正規のインターネットバンキング画面において、ホームページにログインすると、「システムのメンテナンスや機能の向上のためお客様情報の再入力をお願いします。」等の表示とともに、「第二暗証」「質問・合言葉」「インターネット用暗証番号」などの入力を促す不正なポップアップ画面が表示されるという、新たなフィッシングの手口が発生しています。







  被害に遭う危険性が高い手口です! 

 
従来のフィッシングとは異なり、ユーザーは正規のホームページにアクセスしていることから、警戒心が薄れ、被害に遭う可能性が高い手口です。




  金融機関はあらためてパスワード等を求めません! 

 金融機関が、送金等の取引時以外で、ログイン後にあらためてID・パスワード、乱数表を求めることはありません。

 入力を求められても、、暗証番号等の入力はしないようにしましょう。




  パソコンのウィルス対策を! 

 パソコンがウィルスに感染している可能性が高いことから、次の対策をしましょう。

  
○ ウィルス対策ソフトの導入
  ○ ウィルス対策ソフトのアップデート
  ○ ウィルス対策ソフトによるウィルス検知




 
  被害金融機関 

 平成24年10月26日午後3時現在、「三井住友銀行」「ゆうちょ銀行」で被害が確認されています。





 おかしいなと思ったら

 安曇野警察署 72−0110 まで

 連絡して下さい。




チラシ(PDF)はこちら



HOMEに戻る防犯速報に戻る