HOMEに戻る

防犯豆知識に戻る

 
「クーリング・オフ」とは・・・?


 「クーリング・オフ」には期間の制限があり、契約書面を受け取った日から8日以
マルチ商法は20日以内)であれば書面によって解約ができます。



「悪質商法」についてはこちら



 「クーリング・オフ(解約)」の仕方


 書面を発送する日が、契約書面を受け取った日から8日以内かどうか確認しましょう。

 証拠を残すために、解約する旨を記載した書面の内容と宛名をコピーし、控えとして保管しましょう。

 書留か内容証明郵便で8日以内に販売会社へ送りましょう。クレジット契約をした場合は、クリジット会社宛にも送りましょう。

 商品が手元にある場合は、発送の費用はすべて先方負担(料金受取人払い)で送り返しましょう。



 「クーリング・オフ」通知の書き方例

                 契約解除の通知(申込の撤回)


  購入者     住所                  氏名               印



 平成○年○月○日付で貴社と○○○の購入契約をしましたが、解除(撤回)します。

 つきましては、支払い済み代金○○円を支給返金して下さい。

 なお、商品は貴社の費用でお引き取り下さい。



           平成○○年○月○日
             会社住所
             ○○販売株式会社  代表者 様




 「クーリング・オフ」ができない場合

 「クーリング・オフ」も全てに有効ではありません。次に掲げるようなものは解約ができませんので注意しましょう。



 3,000円未満の取引で、商品を受け取り同時に代金を全額支払った場合

 通信販売で購入した場合

 購入商品等が適用除外商品である場合

 化粧品等が消耗品で、消費すればクーリング・オフできない旨書面で示されているとき、これを使用した場合




HOMEに戻る防犯豆知識に戻る