年末特別警戒を実施しています



HOMEに戻る

お知らせに戻る

 

 ☆ 期 間
   平成29年12月1日(金)〜12月31日(日) 
 
 ☆ スローガン 
   年の暮れ みんなでつくろう 安心の街  




 
年末には、強盗事件などの凶悪犯罪や交通事故、雑踏事故などが多発します。そのため安曇野警察署と安曇野防犯協会連合会では、犯罪や事故の未然防止のため関係機関・団体と協力して「年末特別警戒」を実施しています。

 安全で安心な暮らしができるよう自ら身の回りを点検し、地域ぐるみで犯罪や事故を防ぎましょう。


  運動の重点       
  ☆ 金融機関、コンビニエンスストア等対象の強盗事件の防止
  ☆ 高齢者等を狙った特殊詐欺被害の防止
  ☆ 子供・女性対象犯罪の防止
  ☆ 空き巣、忍び込み等の侵入犯罪の防止
  ☆ 自動車盗難被害の防止 
  ☆ 車上ねらい被害の防止 

 









金融機関、コンビニエンスストア等対象の強盗事件の防止 

〜 金融機関、コンビニエンスストア等の皆様へ 〜
防犯設備の点検をしましょう 
   危機意識を持ち、万が一に備えて防犯機器の点検をしましょう。防犯訓練等を実施して実際に使用してみることも必要です。

職員に対する防犯指導を実施しましょう   
   機会あるごとに、防犯訓練や発生時の任務分担を確認し、事件発生時の通報要領を確認しましょう。「いらっしゃいませ」の声かけが防犯の第一歩です。

駐車場等の見回り警戒をしましょう

近隣居住者との防犯協力体制を確立させましょう


 

高齢者等を狙った特殊詐欺被害の防止
〜家族のきずな「あいことば」〜
 
留守番電話機能を活用しましょう   
   日頃から、留守番電話に設定しておけば、詐欺の犯人からの電話を受けることはありません。(犯人は留守番電話に声を録音されるのを嫌がる傾向にあります。)


電話帳からの削除を検討しましょう
   詐欺の犯人は電話帳を見て、地域全体に電話をかけている場合があるので、電話帳からの削除を検討しましょう。


ATM機の利用限度額を引き下げましょう
   金融機関で申し込むことが出来ます。万が一詐欺の被害に遭っても、被害を少なく抑えることができます。キャッシュカードを落とした時にも有効です。


ナンバーディスプレイ表示の電話機にしましょう
 
   どこからかかってきた電話か分かり、知らない電話には出ないようにすることができます。

 


 
子供・女性対象犯罪の防止 
子どもの被害防止は
 
 大人に守ってもらうだけではなく、自分で自分を守ることが必要です。普段から、誘いの言葉に乗らないことや、身の危険を感じたときの対処法を話しておきましょう。

 登下校時に防犯パトロールをしたり、ウォーキング、犬の散歩等を子どもの登下校時にあわせるなど、地域での子どもの見守り活動をお願いします。
 
 児童虐待は、子どもの健やかな発育・発達を損ない心身に深い傷を残します。また、家庭内で行われることが多いため、潜在化しやすく早期発見が困難です。児童虐待かもしれないと感じたら、迷わず通報をお願いします。

 出会い系サイトはもちろん、ゲームサイトやコミュニティサイトでも、児童買春や児童ポルノ等の犯罪被害に遭っています。子どものケータイ・インターネットの使い方をきちんと把握し、家庭でルールの話し合いをしましょう。

女性の被害防止は 
 
 ストーカー行為や配偶者などによる暴力は、重大な人権侵害です。被害に遭ったときは一人で解決しようとせず、早めに警察に相談して下さい。
 
 ちかんの被害に遭ったら、躊躇せずに助けを求めましょう。被害に遭わないために、日頃から防犯意識を持って行動しましょう。

 
 

空き巣、忍び込み等の侵入犯罪の防止 
玄関回りで気をつけることは
 ゴミ出しなどのわずかな時間でも確実に施錠しましょう。

 防犯性能の高い鍵に取り替え、補助錠を設置しましょう。
  (ワンドアー・ツーロック)
     
 センサー付ライトを設置しましょう。

窓回りで気をつけることは 
 
 主錠の他、補助錠を取り付けましょう。

 ガラス割りされにくい「複層ガラス」「防犯あわせガラス」等に交換したり、「防犯フィルム」を貼るなど、ガラスを強化しましょう。

 換気のために窓を開けておくことの多い、浴室やトイレの窓には面格子を取り付けましょう。

 面格子があるからといって過信せず、就寝中や留守中は必ず施錠をしましょう。

外周・庭・郵便受けで気をつけることは
 
 庭木は手入れし、塀は低くして見通しをよくしましょう。

 
 二階への足場になるものを置かないようにしましょう。

 踏むと大きな音の出る防犯砂利を敷きましょう。

 郵便受けや植木鉢に鍵を置かないようにしましょう。

 旅行などの長期の留守中は、新聞などを止めておき、新聞が溜まることがないようにしましょう。

二階部分で気をつけることは
  ・ ベランダの手すりは格子などにして見通しをよくしましょう。



 
自転車盗難被害の防止 
確実な施錠と二重ロックをしましょう    
  ・ 自転車から離れるときは、短時間でも確実に施錠をしましょう。

・ 箱錠のほか、ワイヤー錠・チェーン錠で二重ロックしましょう。

防犯登録をしましょう
  ・ 盗難被害に遭って見つかった場合や、落とし物として届けられた自転車等の返還の手がかりとなります。

 

 車上ねらい被害の防止
確実な施錠をしましょう 
  ・ わずかな時間であっても車から離れるときは、エンジンキーを抜きドアロックをしましょう。

・ 窓は完全に閉めるようにしましょう。


見えるところにバッグなどの荷物を置かないようにしましょう
 
 車内は整理整頓してバッグなどを置かないようにしましょう。たとえ何も入っていないとしても、犯人からは大金が入っているように見えるものです。








HOMEに戻るお知らせに戻る