「野外焼却(野焼き)」は犯罪です



HOMEに戻る

お知らせに戻る 
 平成13年に「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」が改正され、以下の例外を除き、家庭から出たゴミであっても「野外焼却(野焼き)」は禁止されていますのでご注意下さい。


《 例外となるもの 》


 ☆ 風俗習慣上または宗教上の行事を行うために必要な焼却


  ・ 三九郎」「どんど焼き」「搭婆供養」などの地域の行事



 ☆ 農業、林業を営むためにやむを得ないものとして行われる焼却


  ・ 土手、畦焼き、下枝の焼却等



 ☆ たき火その他日常生活を営む上で通常行われる焼却であって軽微なもの

  ・ 落ち葉の焼却、キャンプファイヤー等

 


ゴミの「野外焼却(野焼き)」は、灰の飛散やダイオキシンが発生し、付近の住民に影響を与えます。「少しだから」「面倒だから」といった理由で簡単にゴミを燃やしてはいけません。



 昔は燃やせたかもしれませんが、今は法律で禁止され、違反した場合には5年以下の懲役若しくは1,000万円以下の罰金又はこの併科等に処せられます。

 
 ご不明な場合は、安曇野警察署生活安全課(рO263−72−0110)までお問い合わせ下さい。



 
HOMEに戻る お知らせに戻る