猟銃等の適正管理をお願いします



HOMEに戻る

お知らせに戻る


 猟銃・空気銃の所持者は、銃の修理を委託する場合や猟銃等保管業者に保管を委託する場合を除いて、銃を自ら保管しなければならない保管義務があります。

 保管が適正に行われないと、盗難、紛失などによりその銃が他人の手に渡り犯罪に使用されたり、又は子どもが持ち出して事故となる危険性がありますので、適切な保管管理を心がけていただくようお願いします。


自宅での保管について

 基準にあったガンロッカーに入れ、施錠して保管すること。
 ガンロッカーの鍵は自分で管理し、自分以外の者が銃を持ち出すことができないような管理をしなければなりません。
ガンロッカーの基準
@  ガンロッカーは、全ての部分が1ミリメートル以上の厚さの鋼板で作られていること。
A  施錠した際、かんぬき機構等によって、扉の上下を本体に固定する構造となっていること。
B  外部から見える蝶番が切断又は取り外されても、扉が外れない構造になっていること。
C  設備の内部に鎖等によって銃を固定する装置を有していること。
D  扉を閉鎖する錠は、鎌錠等外部からの力によって容易に開錠できないものであること。
E  扉を閉鎖する錠は、掛け忘れ防止装置付きのものであること。
F  扉を閉鎖する錠は、鍵違い120種類以上のものであること。
 又は@〜Fまでと同等に堅固な設備であること。

 保管中の銃には絶対に実包等を装てんしておかないこと。
 標的射撃であっても、狩猟等であっても、当然、帰宅前には脱包しているはずですが、実際には軽い気持ちで実包を装てんしたまま保管する例が見受けられます。現実に死亡事故等も発生していますので、帰宅前には、確実に脱包しているか確認をお願いします。

 また、銃と実包を同じガンロッカーに保管する事はできませんので、ガンロッカーと装弾ロッカーとは各別に設けるようにお願いします。
 責任の持てる保管をすること。
 たとえ家族であっても、銃に触れないよう日頃から注意しておくことが大切で、特に、子どものいる家庭では、子どもがおもしろ半分に銃を持ち出すことができないよう、確実な銃と鍵の管理が必要です。

 ガンロッカーは盗難防止のため、人目につきにくい場所で、日常の練習や管理がしやすい場所に設置し、ボルトなどで柱や壁に固定して容易にガンロッカーごと盗み出されないように配慮しなければなりません。
 分解保管すること
 基準に従って保管中の銃でも盗難に遭っていることから、盗難銃が二次的犯罪に使用されないよう、元折銃の先台、自動銃のキャップ(マガジンキャップ)、ボルト式銃のボルトなどの重要部品は、銃とは別に鍵の掛かる設備に分解して保管するなどの配慮が必要です。


宿泊施設等に宿泊するときの保管

 一般に、狩猟等の際に宿泊する宿泊施設には、ガンロッカーの設備はありませんが、自宅保管する場合に準じて保管するよう心がける事が求められます


射撃場における保管

 射撃場で、銃を銃架にかけたまま食事をとっている例が見受けられます。

 このような場合には、銃と重要部品を別々にして、確実に保管設備に保管するか、保管設備のない射撃場では、常に自分の身の周りに置いて保管管理しなければなりません。



HOMEに戻るお知らせに戻る