サイバー犯罪の被害に遭わないために



HOMEに戻る

防犯豆知識に戻る


 ンターネットが身近になり、多くの人がパソコンや携帯電話によって、欲しい情報をすぐ入手することができるようになりました。しかし、便利になった反面トラブルに巻き込まれるケースが増加しています。

インターネットを安全に利用するために、その危険性とトラブルの手口を十分認識し、快適なネット利用を心がけましょう。


 
インターネット オークション詐欺  インターネットのオークション等に出品し、落札者が指定口座に入金しても、品物を送ってこなかったり、偽物・コピー品・写真と違うがらくたを送ってくる手口
被害に遭わないために
   代金着払い、エスクローサービス(業者の取引仲介)等、安全性の高い取引方法を選択しましょう。

 
 取引相手の住所、氏名、連絡先は必ず確認しましょう。
 (メールのやり取りだけでは危険です。) 
 
ページトップへ戻る



ワンクリック詐欺  パソコンや携帯電話で、出会い系サイトやアダルトサイト、迷惑メールに表示されているURL(http://・・・)に接続しただけで「登録完了」として料金を請求する手口 
被害に遭わないために
   おもしろ半分や興味本位で、届いた勧誘・広告メールに記載されたURLをクリックしないようにしましょう。

 
 「URLを開いただけ」では契約成立はしていないので支払の義務はありません。個人情報を相手に知らせないためにも、連絡はしないで無視しましょう。

 

  
ページトップへ戻る



スパイウェア  スパイウェアは、コンピュータウイルスのように入り込み、タイピング、画面表示、ハードディスク等から個人情報を取得して、悪意のある者に送付します。こうして盗まれた個人情報が悪用されて、銀行口座からお金を引き出されたり、クレジットカード決済で買い物をされたりする被害が発生しています。
被害に遭わないために
   不審なソフトウエアをインストールしたり、怪しいサイトやメールの添付ファイルは開かないようにしましょう。

 
 スパイウェア駆除ソフトやウィルス対策ソフトは常に最新の状態にしておきましょう。

 

 
  
ページトップへ戻る



フィッシング  金融機関等企業からのメールを装い、メールの受信者に実在する企業の偽ホームページにアクセスさせて、そのページにおいてクレジットカード番号やID、パスワード等を入力させるなどして不正に個人情報を入手しようとする行為をいいます。
被害に遭わないために
   メールやホームページで個人情報を聞かれても安易に答えないようにしましょう。

 

 巧妙に造られた偽のホームページにだまされないように注意しましょう。

 
  
ページトップへ戻る



出会い系サイト コミュニティサイト

 名前を隠して異性と知りあうことのできる「出会い系サイト」・「コミュニティサイト」。少年少女が犯罪に巻き込まれるケースが非常に増えており、またそのほとんどを、中高生が占めています。


 今まで「出会い系サイト」と呼ばれていたサイトが、安全といわれている「コミュニティサイト」として存在している事をご存じでしょうか。「出会い系サイト」に接続しなければ、他のサイトは安全だと思っていませんか。
 
 「コミュニティサイト」とは、趣味や興味が同じ人が集まるインターネット上のウェブサイトをいいます。情報交換をしたり有益な情報が得られる場所でもありますが、実は「出会い」の場所にもなっており、トラブルの温床になっていることも事実です。

 
 
被害に遭わないために
   「出会い系サイト」・「コミュニティサイト」には心のスキを狙った恐ろしいワナが潜んでいます。
 
「見ない」「書き込まない」「絶対会わない」ようにしましょう。
 

保護者の方へ
 大人が思っている以上に、子どもたちは様々なサイトにアクセスしています。大切な子どもたちが犯罪に巻き込まれないために、パソコンや携帯電話のアクセス制限機能を設定しましょう。

 また、ケータイ・インターネットの危険性についての講演会等に積極的に参加し、「わからないから。」「子どもの方が詳しいから。」ではなく、子どもたちがどのような使い方をしているのかをきちんと把握し、正しい使い方ができるように関心を持ちましょう。
 

 
ページトップへ戻る



サイバー犯罪の被害に遭わないために


  個人情報を大切にする。

  危険なサイトに近づかない、利用しない。

  ID・パスワード管理を徹底する。

  コミュニケーションは、思いやり謙虚な姿勢で。

  セキュリティ対策・ウィルス対策を怠らない。




 
HOMEに戻る 防犯豆知識に戻る