防犯速報



 筑北村立坂北小学校において「地域安全マップづくり教室」を実施しました。

 安曇野警察署生活安全課の警察官が事前学習を行い、その後、実際に学校付近を歩きながら、「入りやすい」、「見えにくい」をキーワードに、危険な場所や安全な場所を探し、地図を作製しました。

 マップの発表会で子どもたちからは、「危険ではないと思っていた場所が、危険な場所だったのでびっくりした。」「キーワードを気にしてみたら、安全な場所か危険な場所かわかった。」という感想が聞かれました。



 安曇野警察署生活安全課の佐藤主任が、危険な場所のキーワード、「入りやすい」、「見えにくい」をマグネットシートを使用して子どもたちに説明しています。

 実際に街を歩きながら、「入りやすい」、「見えにくい」を使い、危険な場所・安全な場所を探し、写真を撮っておきます。

 どの写真を使うのか話し合い、その場所が何故危険か、何故安全かをキーワードを使いコメントを書いていきます。写真やコメント用紙を好きな形に切り抜いたり、折り紙を貼ったり、みんなが見たくなるような楽しいマップを作製中です。

完成した「地域安全マップ」