豊科北小学校で           「地域安全マップづくり」           教室を実施しました
 



 安曇野市立豊科北小学校において、「地域安全マップづくり教室」を実施しました。

 「地域安全マップ」とは、子どもたちが危ない場所を点検し、犯罪の起こりやすい場所を書き込んだものです。犯罪発生の場所を記した発生マップや危険箇所マップとは大きく異なり、危険予測のキーワードを覚えることによって、どこに行っても犯罪にあわないように自分自身で危険な場所(犯罪が起こりやすい場所)が発見できるようになります。

 安曇野警察署生活安全課の佐藤主任が、「入りやすい」、「見えにくい」をキーワードに事前学習を行い、その後、長野県警察本部少年課、子ども・女性安全対策室の警察官と共に、実際に学校付近を歩いて危険な場所や安全な場所を探し、地図を作製しました。

 マップの発表会で子どもたちからは、「安全だと思っていた公園が、危険な場所だったのでびっくりした。」「危険な場所が多かったので、気をつけたいと思った。」という感想が聞かれました。

 暑い中での「地域安全マップづくり」でしたが、一人としてだれることなく最後まで根気強く作業をしてくれた子どもたちでした。今回学んだことを忘れずに、「自分の身は自分で守る」ことができるようになってほしいと思います。